能面・増女・zouonna

室町時代初期の増阿弥によって創り出されたことから増女の名前がついた。

増女

Zouonna
室町時代初期の増阿弥によって創り出されたことから増女の名前がついた。美人ではあるが年はややたけ、憂いを含んだ中にも、キリリと引き締まった神性を感じさせる顔立ちである。上に天冠をつける「羽衣」「葛城」「竜田」等天女、神女の類につけることも多い。
  • 能面・増女正面
  • 能面・増女斜め

能面・増女