能面・節木増・Fushikizou

室町時代の増阿弥作と伝えられる宝生流の代表面。

節木増

Fushikizou
室町時代の増阿弥作と伝えられる宝生流の代表面で、節のある楠で作られたため鼻筋の目頭寄りにヤニのシミがあるので、節のある木の増女という意味でこの名前が付いています。品格が高く憂愁味をおびた美しい表情です。
  • 能面・節木増正面
  • 能面・節木増斜め

能面・節木増