能面・慈童・Jidou

頬のえくぼ、下唇の端のくぼみなどが、妖精のような神秘的な雰囲気を漂わせます。

慈童

Jidou
頬のえくぼ、下唇の端のくぼみなどが、妖精のような神秘的な雰囲気を漂わせます。「天鼓」の後シテには慈童や童子が使用されます。音楽の天才の亡霊として少年ながら大人の表情が見え隠れします。
  • 能面・慈童正面
  • 能面・慈童斜め

能面・慈童