面・赤鬼・Syakki

平安末期から鎌倉時代の寺院における修正会(しゅしょうえ)修二会(しゅにえ)で阿吽一対の鬼神系仮面が使用された面。

赤鬼

Syakki
赤鬼(しゃっき)、黒鬼(こっき)の面が観世家に伝えられています。平安末期から鎌倉時代の寺院における修正会(しゅしょうえ)修二会(しゅにえ)で阿吽一対の鬼神系仮面が使用されたとされ、猿楽の古い家柄である観世家に所蔵されていることは大変貴重とされています。
  • 能面・赤鬼正面
  • 能面・赤鬼斜め

能面・赤鬼