能面 花の心:天神、十寸髪男、不動、顰、赤鬼、黒鬼、三日月、景清、泥黒髭、石王尉、黒式尉、老女、乙、大喝食、節木増、中将、万媚、蝉羽、孫次郎

日本能面美術協会会長、能面師、樋口玄正。能面制作/蝉丸、慈童、大喝食、般若・白、般若・赤、蛇、赤鬼、黒鬼、不動、翁、父尉、黒色尉、小牛尉、姥、三日月、若女、節木増、孫次郎、黒髭、山姥、釣眼、平太、霊怪士、景清、乙、小猿、祖父、雪の小面、月の小面、花の面、孫次郎、深井、老女、小癋見、釈迦、天神、中将、翁・白色尉、黒色尉・三番叟

京都の能面教室/能面づくりを楽しみたい方、一から指導します。

能面ミニ展示/能面in喫茶/京都三条通りの緑茶喫茶「茶乃逢」にて月一回能面の新作を展示しています/能面:蝉丸、慈童、大喝食、般若・白、般若・赤、蛇、赤鬼、黒鬼、不動、翁、父尉、黒色尉、小牛尉、姥、三日月、若女、節木増、孫次郎、黒髭、山姥、釣眼、平太、霊怪士、景清、乙、小猿、祖父、雪の小面、月の小面、花の面、孫次郎、深井、老女、小癋見、釈迦、天神、中将、翁・白色尉、黒色尉・三番叟

能面 花の心/能面打・能面師 日本能面美術協会会長 樋口玄正 master of noh mask Gensho Higuchi
平安時代の後期、京都南郊の宇治に平等院鳳凰堂が造られたころ、太平の世がつづき、生活が遊戯化し、田楽や猿楽が盛んになっていきます。翁猿楽に用いられる面(尉面と冠者面)は、平安の末期に創作され鎌倉時代に完成したといわれています。「申楽談儀」ではこの頃の優れた翁面の打手として日光、弥勒の2人を挙げています。
その後およそ室町時代のはじめ京都四条河原で催された勧進田楽は、やがて観阿弥・世阿弥父子が大成した能楽へと発展します。
世阿弥の時代に多くの新作能が生まれ、そのための能面も創作されました。その頃、近江の地に鬼面上手の赤鶴(しゃくづる)、女面上手の越智(えち)、また越前の地には石王兵衛、龍右衛門、夜叉、文蔵、小牛などの多くの優れた能面打(のうめんうち)たちが出現します。
京都伏見桃山在住の能面師、樋口玄正は先人の能面打たちに想いを馳せながら、世阿弥芸術の原理である「花」の心を求めて能面を打ちつづけています。
世界に誇る日本文化の一つ「能面」をもっと深く理解し、能面に接したいという方々のためにこのサイトが少しでもお役にたてば幸いです。
能面 花の心/能面教室玄正会/新着情報 What's News
2017.4.2
能面教室玄正会でタケノコ堀りに行ってきました。
4月2日(日)能面教室玄正会のメンバーでタケノコ堀りに行ってきました。 今年は寒かったせいか、タケノコは少ししか採れなかったのですが、竹林の中での酒宴はみんなにとって忘れられないひと時になりました。  →詳細を見る 
2016.11.2
NHKテレビ番組「美の壺」に玄正作「赤般若」が登場しました。
東京S区 某お屋敷(ハウススタジオ)で草刈正男さんの収録に、 参加(見学)をさせていただきました。番組では玄正作「赤般若」が奥様の分身として、番組の最後に登場しました。  →詳細を見る 
2016.11.1
「第1回 能面花心展」を開催いたしました。
「第1回 能面花心展」を開催いたしました。3百人を超える皆様にご来場いただきました。出展者一同、たいへん感謝いたしております。誠にありがとうございました。  →詳細を見る 
2016.10.10
2016年度 玄正会「第1回 能面花心展」へのご来場ありがとうございました
平成28年10月4日(火)~10月9日(日)能面教室の生徒の作品と、樋口玄正制作の能面を約30点展示し玄正会「第1回 能面花心展」を開催いたしました。皆様のご来場まことにありがとうございました。  →詳細を見る 
2016.9.15
能面in喫茶に関するご案内について
能面喫茶は、第13回をもって最終回といたします。 ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。  →詳細を見る 
2016.7.2
池田家能面熟覧会(林原美術館)が開催されました。
6月28日(火)岡山の林原美術館にて 旧池田家所蔵の能面の熟覧会が、 日本能面美術協会主催で開催されました。 戦国時代から江戸時代にかけて打たれた能面の技法が、 しっかりと理解することが出来、大変勉強することができました。  →詳細を見る 
2016.6.20
能面ミニ展示・「能面in喫茶」、次回は7月13日(水)です。(終了)
7月の能面ミニ展示・「能面in喫茶」は7月13日(水)です。町なかの喫茶店で、お茶を飲みながら、能面をじっくりと鑑賞していただけるコーナーを設けています。京都の三条大橋を西へ約150m行きますと、左手に緑茶カフェ「茶乃逢」という喫茶店があります。向いは新撰組で有名な池田屋があったところです。能面に関心をお持ちの方、お気軽にお立ち寄りください。  →詳細を見る