能面・蝉丸・Semimaru

蝉丸の顔立ちはあくまで上品で憂いを含み、琵琶の音に耳を澄ますような純真な少年の表情を持っています。

蝉丸

Semimaru
醍醐天皇の皇子は生まれながら不幸にも盲目。父の命にて蝉丸は逢坂山に捨てられます。顔立ちはあくまで上品で憂いを含み、琵琶の音に耳を澄ますような純真な少年の表情を持っています。
  • 能面・蝉丸正面
  • 能面・蝉丸斜め

能面・蝉丸