能面・蛙・Kawazu

痩男系の面。水死人の相を写したとの言い伝えから川途、河津とも記される。

Kawazu
痩男系の面。水死人の相を写したとの言い伝えから川途、河津とも記される。物言いたげな口元と大きく見開かれた眼が驚きの一瞬の表情を表す。漁夫の霊が登場する「藤戸」密漁の罪で海に沈められた「阿漕」等に用いられる。
  • 能面・蛙正面
  • 能面・蛙斜め

能面・蛙