能面・石王尉・Ishioujyo

石王尉の名は室町時代の名工、石王兵衛の名をとったもの。

石王尉

Ishioujyo
石王尉の名は室町時代の名工、石王兵衛の名をとったもの。「遊行柳」「西行桜」「老松」などの老樹の精、または「白楽天」「放生川」などの老体の神に用いられる。舞いを舞う老人の面で舞尉の中の小名、面は白く、いたって渋い苦みばしった顔をしている。
  • 能面・石王尉正面
  • 能面・石王尉斜め

能面・石王尉